閉じる

相続手続支援

相続が発生すると、預貯金、不動産、自動車や株式等、様々な財産の名義変更が必要となってきます。手間と時間がかかるこれらの手続を、私たちがワンストップでお手伝いします。

このような方はご相談ください
名義変更に必要な書類がわからない
不動産の名義が先代のままで、誰が手続をすればいいいのかわからない
遠方に住んでいて、手続をする時間がない
連絡の取れない相続人がいる

相続が発生すると、預貯金、不動産、自動車や株式等、様々な財産の名義変更が必要となってきます。銀行は相続の発生を知ると口座を凍結させますし、車や株式も、被相続人の名義のままでは売却することもできません。不動産は変更の届け出に期限がありませんが、手続をしないで放置している間に新たな相続が発生し、より手続が複雑化し、結果的に費用も手間も時間もかかってしまうことになります。

以下は、遺言書がない場合の、一部の手続の紹介です。

預貯金名義変更の大まかな流れ
  1. 以下の必要書類を取得
    • 被相続人の生まれてから亡くなるまでのすべての戸籍謄本
    • 相続人全員の戸籍謄本
    • 相続人全員の印鑑証明書
  2. 相続人全員で話し合い、遺産分割協議書を作成
  3. 1.2.を持って、店頭で名義変更の手続
不動産登記の大まかな流れ
  1. 不動産の登記簿謄本を取得し、権利状況を確認する
  2. 以下の必要書類を取得
    • 被相続人の生まれてから亡くなるまでのすべての戸籍謄本
    • 相続人全員の戸籍謄本
    • 相続人全員の印鑑証明書
    • 不動産を相続する人の住民票
    • 相続する不動産の課税明細書
  3. 相続人全員で話し合い、遺産分割協議書を作成
  4. 法務局などで登記の手続を行う

預貯金は金融機関ごと、登記であれば法務局の管轄毎に、手続を行う必要があります。
ひかり税理士法人は、個人で行うには手間と時間のかかる相続手続を、ワンストップでお助けします。

040.jpg

担当者より

税理士・財産戦略室税務対策課リーダー水口 聡子プロフィールを見る

資産税関係の税務相談を受けることが多いのですが、その中でお客様から「前回の相続のときは税理士さんにお任せで申告をして、あまり説明もなかったので、よくわからない」というお話を耳にすることが多いのが実情です。相続税という人生最後の税金、総仕上げの場面において、ご家族と寄り添いながら、一緒に悩み考え次世代へ大切な財産を繋いでいきたいというのが私の信条です。豊富な現場経験と高度な知識で申告のみならず税務調査も念頭においた対応を心がけておりますので、安心しておまかせください。 また近年は相続「税」の問題だけにとどまらず円満な財産継承、争いを避ける相続の大切さを感じ、節税対策はもちろんのこと、生前の財産整理や遺言についても力を入れております。 お客様の立場に立ったわかりやすい説明、女性ならではのきめ細やかな対応を心がけておりますので、まずはなんでもご相談ください。

Webからお問い合わせ

問い合わせフォーム

電話からお問い合わせ

0120-296-371受付時間:平日9:00~18:00