閉じる

相続税申告

相続税の申告は、数多くの特例や評価方法が選択できることで、申告する税理士によって税額が大きく変わります。経験豊富な相続税専門の税理士が、ご家族の大切な財産を守ります。

相続専門の税理士をご選択ください

相続はすべての方に訪れますが、初めて経験される方が多く、残されたご家族は不慣れで不安な事ばかりです。

相続が発生すると、亡くなった方(被相続人)の全ての財産・債務は相続人の共有財産となります。よって、分割協議等により財産・債務の承継者が確定するまで預貯金等は凍結されてしまい、借入金の返済や事業の継続、生活に支障をきたすことにもなりかねません。

相続税とは、その引き継いだ遺産に対してかかる税金です。遺産の総額が相続税の基礎控除額を超えると相続税の申告義務が発生し、申告期限までに相続税を納付することになります。

このように一口に相続と言いましても、相続人の確定から財産確認、分割協議、納税、名義変更とさまざまな手続き・判断が必要になりますので、まずは税理士等の専門家にご相談ください。

なぜ、相続専門の税理士がいるのか

相続税の年間申告件数は約10万3千件、全国の登録税理士の数は約7万6千人、つまり税理士にとって相続税の申告は1年に1~2件ということになります。そのうえ、相続専門税理士がおりますので、一般の税理士が相続税の申告をする機会は非常に限られている事がわかります。

さらに、相続税額は他の税と比較しても高額となり、財産評価、分割方法のいかんにより大きな差が発生するのも事実です。そのうえ、税務調査も多く、専門家による高度な知識と判断が必要とされます。

相続専門税理士は、このように複雑多岐にわたる相続に的確に対応し、一生に一度の大切な相続に対して、経験を通じた最適なアドバイスを通じてご家族の財産を守るために存在するのです。

ひかり税理士法人 資産戦略事業部

ご家族の状況、被相続人の思い、財産の種類に応じて「相続」の方法は様々です。お客様1人1人のニーズにお応えするため、ひかり税理士法人は、相続専門の部署を設け、相続発生前の相続税対策から分割相談、相続税申告及び遺産整理、税務調査対応まで高度な知識と豊富な経験をもとにお客様にご満足いただける体制を整えています。

ひかり税理士法人の「約束」
  1. 報酬を事前提示します。
  2. 報告、説明、相談等の打合せを徹底します。
  3. 現地確認を含めた財産評価の減額に努めます。
  4. 預貯金の精査もお任せください。
  5. 分割方法のご提案や二次相続まで考慮した税額試算をします。
  6. 税務調査を視野に入れた相続を心掛けます。
  7. 納税方法や相続財産の処分についてもご相談ください。
  8. 税務以外の専門分野に関してはひかりグループ他法人(弁護士、司法書士等)と提携して進めます。

ご家族皆さんが安心して満足できる相続、亡くなった方の財産を次世代にしっかりと引き継ぐためにひかり税理士法人にお任せください。

担当事業部

Webからお問い合わせ

問い合わせフォーム

電話からお問い合わせ

0120-296-371

受付時間:平日9:00~18:00