閉じる

記帳代行

日々の記帳業務をお客様に代わって当事務所で実施します。毎日の預金通帳、請求書、領収書等の会計資料をお預かりすることで、会計データを作成し試算表等の提供につなげます。
提供した試算表を基に、経営の状況についてコメントさせていただくサービスもあります。

このような方はご相談ください
本業が忙しく、会計入力の時間がない。
経理担当者を雇うと人件費がかかる。
経理担当者が退職して後任がいない。

ひかり税理士法人を選ぶメリット

本業に専念
経理業務を行わないことにより本業に専念することが可能となります。
毎年改正される税制にも対応
毎年のように改正される税制について十分に理解した上で記帳業務を行います。
経験豊富なスタッフが記帳入力
経理経験の豊富な当事務所のスタッフが会計入力いたします。
自計化支援サービス
月々の損益をタイムリーに確認するためには自社での試算表の作成が不可欠です。
自計化のご希望がございましたら、会計ソフトや記帳指導を丁寧にご支援いたします。

サービスの流れ

STEP1

資料のお預かり

預金通帳・請求書・領収書等の必要な会計資料をお預かりいたします。

STEP2

入力処理

当事務所で会計ソフトに入力処理を行います。

STEP3

疑問点

疑問点をお客様に確認し、試算表を作成いたします。

STEP4

ご報告

作成した試算表を基にご報告を行います。

STEP5

自計化支援

会計ソフトを導入し、記帳指導をご支援いたします。

担当事業部

staff_t-yamashita.jpg

担当者より

税理士・業務推進部マネージャー山下 隆史プロフィールを見る

「経営者にとって税理士とはどのような存在であるべきか?」 帳簿のチェックや決算書を作成したり、税金の相談をするだけが税理士の業務ではありません。経営者は事業を運営していく中で、税務会計以外の様々な分野において意思決定を迫られることが多々あります。 人事労務、融資や資金繰り、許認可取得、場合によっては法的な検討をしなければならない場合もあるでしょう。そのような事業運営のあらゆる場面において、一番身近な相談窓口となるのが税理士の役割です。 各方面の専門家が1つのグループとしてお客様を全面的にサポートできるのが、ひかりアドバイザーグループの何よりの強みです。そして当グループの税理士は、最も身近なビジネスパートナーとしてお客様の成長をサポートし続けます。