閉じる

経理改善

業務改善とは「業務のやり方を工夫し、変えていくこと」で、「ムリ」、「ムダ」、「ムラ」をなくして業務を素速く正確に行うことを目的としています。
経理業務においても、従来のやり方の改善によってスピードアップを目指すほか、生み出された余力によって、業績管理の仕組みの導入など、経営の意思決定に役立つ情報を作成する業務を行うことを目的としています。

このような方はご相談ください
試算表が1ヶ月後に完成していない・・・
IT化が十分にできておらず、経理業務に時間がかかっている
不正防止の仕組みなどが確立できていない

ひかり税理士法人を選ぶメリット

試算表作成完了次期の短縮(スピードアップ)
経理業務を改善することで、試算表を早期に完成させることができます。例えば、3ヶ月前の業績をもとに経営判断を行っている会社と、1日前の業績をもとに経営判断を行っている会社、どちらの会社が良い経営判断をできるでしょうか?環境変化が激しい昨今、自社に起きている環境変化を素早く察知して迅速な一手を打つためには、1日でも早く試算表を作成して、タイムリーに業績を把握することが必要です。
作業時間の低減(コストダウン)
会社毎に最適な方法を考え、「業務のやり方を工夫し、変えていくこと」で、「ムリ」「ムダ」「ムラ」を無くし経理業務の作業時間を低減しコストダウンを図ります。
正確性の向上(クオリティアップ)
作業時間を低減し創出した時間で、正確な業績把握ができる仕組みの構築も、あわせて実施することをおすすめします。厳しい企業間競争のなか、現場のモチベーション維持は、ますます大切なものとなっています。正確な業績を開示をすることで、職場が活性化し、人材の育成、業績の向上が見込まれます。

サービスの流れ

STEP1

訪問・ヒアリング調査

社長ヒアリング項目 財務経営課題と改善方向の確認

現場担当者ヒアリング項目 業務プロセス毎の状況、各種管理状況、経理業務、給与計算業務など

STEP2

資料調査

資料調査項目 申告書・決算書3期、元帳3期、契約書、借入返済明細書、給与、関係資料など

STEP3

経理業務改善報告書提出

上記調査結果より、効率化、各部署との情報の流れの整理、不正防止を含め、会社の経理業務の最適化のご提案をいたします。

STEP4

経理業務改善工程のご提示

改善提案書の内容を基に、社長の合意を得て、現場担当者と調整を図り、改善に向けたアクションプランを作ります。

STEP5

改善実施支援

計画を基に、経理業務改革の実施を支援いたします。

担当事業部