閉じる

予算管理実行支援

予算や計画を策定していても、実行できなければ意味のないものになってしまいます。
また、現状把握や経営計画の進捗管理においては、会社が必要とする業績数値をタイムリーに把握する必要があります。
ひかり税理士法人では、タイムリーに業績把握するための方法としての事業別や店舗別等の管理会計導入支援だけでなく、経営陣の意思決定に必要な環境作りをサポートします。

このような方はご相談ください
タイムリーな業績把握ができない
事業別や店舗別の予算・実績管理をしていきたい
予算計画を作成しても達成できない

ひかり税理士法人を選ぶメリット

タイムリーに、業績把握ができる環境を提供します。
3ヶ月前の業績をもとに経営判断を行っている会社と、数週間前の業績をもとに経営判断を行っている会社、どちらの会社が良い経営判断をできるでしょうか。
環境変化が激しい昨今、自社に起きている環境変化を素早く察知して迅速な一手を打つためには、1日でも早く試算表を作成して、タイムリーに業績を把握することが必要です。
管理会計導入の支援をし、事業別や店舗別ができる環境を提供します。
管理会計とは、経営管理に役立つ会計情報を提供することを目的とするものです。
社長が意思決定するために必要な数値を導き出せるよう、会計支援を実施します。
また予算と実績の差異を個別に把握することで、詳細な行動計画を立てることができるようになります。
予算計画達成するために、何が足りないのかを分析します。
1.計画が具体化していない、2.行動のための具体的な方法が少ない、3.スケジュール管理を行っていない、この3つが計画が達成できない主な要因と考えられます。
会社の現状を確認し、計画達成に何が必要か考えます。
また、計画を達成させるためには、常にPlan(計画・目標)→Do(手段)→Check(点検)→Action(修正)を繰り返すことが必要です。

サービスの流れ

STEP1

現状のヒアリング及び財務分析

社長ヒアリングを通して、経営理念やビジョン等を確認し「自社のあるべき姿」を確認します。

決算書や申告書をお預かりし、経営分析を実施します。

STEP2

経営分析で抽出された問題の分析

経営分析から抽出された財務及び経営に関する問題点の原因を探り、会社の体質を理解します。

STEP3

具体的な予算管理実行支援

予算管理実行のために必要な支援方法の提案し、その実行支援を実施します。

担当事業部