閉じる

単年度予算策定支援

会社の永続的発展のためには、自社が達成すべき目標を明らかにして、具体的に数値化し、「ヒト、モノ、カネ」の限られた経営資源をいかに正しく調達・配置していくのかを、計画することが求められます。
そのためにはまず「自社のあるべき姿」を想定し、それを実現するための経営計画や行動計画を、1年単位(単年度)や中長期(3~5年単位)で作成することが必要となります。

このような方はご相談ください
年度ごとの計画作成の必要性は感じているが、作成方法がわからない
毎年、年度初めに計画を立てているが、途中で意味のないものになってしまっている
計画は、売上目標のみで利益まで考慮した計画が作成できていない

ひかり税理士法人を選ぶメリット

自社にあった実現可能な計画作成のサポートをします。
企業の永続的発展のためには、継続した収益確保が求められます。
現在の自社の状態を把握し、あらゆる視点(営業成果や商品特性等)から自社を分析し、そこから正確な戦略のシナリオを立て、目標を明確化していきます。
「自社のあるべき姿」の落とし込みができれば、そこから計画を立てることができます。
中期計画を立て、そこから1年ごとの計画に落とし込みます。
翌年を見据えて計画を立てることも必要ですが、「自社のあるべき姿」の実現を目指し、中期計画を立て、そのうちの1年として単年度計画を立ててみると、計画の実行可能性が高まります。
現状の自社のコスト構造を把握し、収益が確保できる計画作成をサポートします。
まず、1.どの程度の売上を目指すのか、 2.どの程度のコストの削減を目指すか、3.資金繰りをどうするか、を考えます。
さらに、現状の自社のコスト構造を把握し、固定費と変動費に区分します。
業績を安定させるためには、人件費を含めて固定費の水準を引き下げ、変動費化を進めることが効果的ですが、経営資源である優秀な「ヒト」の確保を考慮すると難しい問題となります。そのため、想定される固定費支出があっても収益が確保できる売上がいくらなのかを分析し、実現可能な予算計画に落とし込んでいきます。

サービスの流れ

STEP1

現状のヒアリング及び財務分析

社長ヒアリングを通して、経営理念やビジョン等を確認し「自社のあるべき姿」を確認します。

決算書や申告書をお預かりし、経営分析を実施します。

STEP2

経営分析で抽出された問題の分析

経営分析から抽出された財務及び経営に関する問題点の原因を探り、会社の体質を理解します。

STEP3

具体的な単年度予算策定支援

自社にあった実現可能な予算計画作成をサポートします。

担当事業部