出国税の徴収が開始!

みなさま、あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、本日平成31年1月7日より出国税が導入されます。

出国税とは?

出国税と広く呼ばれているこの税金ですが、正式には「国際観光旅客税」と言います。

観光先進国実現に向けた観光基盤の拡充・強化を図るための恒久的な財源を確保することを目的としています。

金額は出国一回につき1,000円の税金が発生し、2歳未満の方や天候などの理由により帰ってきた方には税金はかかりません。

 

納税するにはどうしたらいいの?

結論から申し上げますと何もする必要はありません。

なぜなら国際観光旅客税は一般消費者ではなく航空会社などがチケット代に国際観光旅客税を上乗せして徴収し、一般消費者に代わり国に納めることになります。

 

使い道は?

気になる使い道ですが

① ストレスフリーで快適に旅行できる環境の整備

② 日本の多様な魅力に関する情報の入手の容易化

③ 地域固有の文化、自然等を活用した観光資源の整備等による地域での体験滞在の満足度向上

以上の三つの分野に活用されるようです。

具体的には顔認証ゲートを用いた出入国手続きの高度化、無料Wi-Fiや多言語案内といった受入体制整備などに使われるようです。

 

国は訪日外国人旅行者を2020年4000万人を目標にしています。

予算が適正に使われ、目標を達成できると良いですね。