大津祭の楽しみ方

大津祭本祭

湖国三大祭のひとつ

10月7日に『大津祭』が行われます。
大津祭は湖国三大祭のひとつで京都祇園祭の風情を継承したお祭りです。
現在13基ある曳山はいずれも江戸時代に制作されたもので、各曳山にはからくり人形が乗っているのが特徴です。
※ちなみに湖国三大祭は大津の「大津祭」、長浜の「曳山祭」、日吉の「山王祭」だそうです。

大津祭の曳山は祇園祭と同じように巡行します。

ちょうど大津事務所の前も通るのですが、目の間を通る時の迫力とからくり人形のコミカルさが祇園祭と違った楽しみを見出してくれます。

粽撒き

粽.jpg

それともう一つ楽しみな点が「粽(ちまき)」です。

このような粽が曳山の上から撒かれるのです。祇園祭であれば購入するのが通例となっていますが、「大津祭」では曳山の上から撒かれるのです。このご時世で何とも景気が良いと思ってしまいます。

是非この日曜は曳山見物そして粽を受取りに「大津祭」に行かれてみてはいかがでしょうか。
私も大津事務所前に粽を取りに行こうと思います。