ふるさと納税について

年末にむけて準備を!

前回は年末調整についてお知らせしました。

今回はふるさと納税についてお知らします。

この時期から年末調整のお問い合せが多いくなりますが、ふるさと納税についてもお問い合わせが多くなってきます。「ふるさと納税ってなに?」「ふるさと納税したほうが得なの?」「金額はいくらまでできるの?」などです。

 

ふるさと納税とは

テレビなどでも紹介され有名になり、皆様ご存知かもしれないですが、簡単に説明します。

  • ”ふるさと”や”応援したい自治体”に寄付ができる制度のこと。
  • 多くの自治体では、寄付額に応じてお礼の品ももらえる。
  • 1年間(1月1日~12月31日)で「控除上限額内」で寄附した合計寄附額のうち2,000円を差し引いた額が、税金が控除される。

 ※控除を受けるためには確定申告かワンストップ特例制度の申請(1年間の寄付先が5自治体まで)が必要。

 

2,000円の自己負担はかかりますが、お礼の品も貰え、自分の意志で納税場所が決められますので、是非活用してみてください。

控除金額増減や、お礼の品が詳しく知りたい方は下記のサイトが分かりやすくまとめられています。

ふるさとチョイス

ご不明なことがありましたら、ひかり税理士法人までお気軽にお問い合わせ下さい!