地方税共通納税システムがスタートします!

2019年10月から地方税共通納税システムがスタートします!

190830_地方税.jpg

地方税共通納税システムとは、パソコンから全ての地方公共団体へ電子納税ができる仕組みをいい、国税で導入されていたダイレクト納付が地方税でも導入されます。

ダイレクト納付とは、インターネットバンキング等を利用せず、事前に登録した金融機関口座から即時又は期日を指定して税金を納付する方法をいいます。

国税ダイレクト納付についてはこちら

▼納税者の主なメリットは?

 ・金融機関窓口等へ行く必要がなくなります。
 ・複数団体への一括納付が可能です。
 ・地方公共団体の指定金融機関等以外の金融機関からも納付できます。

▼対象税目は?

 2019年10月1日時点の対象税目は下記の通りです。
 ①法人都道府県民税
 ②法人事業税
 ③地方法人特別税
 ④法人市町村民税
 ⑤事業所税
 ⑥個人住民税(特別徴収分、退職所得分)

▼地方税共通納税システムの流れ

 ①eLTAXの利用開始届出を提出する
  すでにeLTAXの利用者IDをもつ方は2019年9月13日まで事前口座登録ができます。
  詳しくはこちら
 ②電子申告を行う
 ③納付情報を入力する
 ④納付方法を選択する
  インターネットバンキング又はダイレクト納付を選択できます。
 ⑤納税する

▼利用可能な時間は?

 平日の8時30分~24時(土日祝日、年末年始除く)
 毎月最終の土日と繁忙期(1/15~3/15)は8時30分~24時まで利用できます。

地方税共通納税システムについて詳しくはこちら