固定資産の縦覧期間がはじまりました!

固定資産の縦覧(じゅうらん)をご存知ですか?

!.jpg

固定資産の縦覧とは?

所有する土地や家屋の固定資産税の評価額が適正か他の土地や家屋と比較して確認する制度で、縦覧期間中に限り、各市町村役場などで縦覧帳簿を無料で縦覧することができます。

縦覧帳簿で確認できる内容は?

土地と家屋それぞれ下記の内容を確認することができます。。
 土地価格等縦覧帳簿 ・・・ 所在、地番、地目、地積、価格
 家屋価格等縦覧帳簿 ・・・ 所在、家屋番号、種類、構造、床面積、価格

縦覧期間は?

縦覧期間は毎年4月1日から固定資産税の第1期の納期限までです。
固定資産税の第1期の納期限は各市町村で異なりますので、各市町村のHPやお手元の固定資産税納税通知書でご確認ください。

【参考】市町村によって異なる縦覧期間
  広島市  平成31年4月1日(月)~5月 7日(火)まで(土日祝のぞく)
  廿日市市 平成31年4月1日(月)~5月31日(金)まで(土日祝のぞく)
 

縦覧場所は?

例えば、広島市では土地又は家屋の所在する区を担当する市税事務所、税務室及び区役所出張所(似島出張所のぞく)とされているように、本所以外の縦覧が可能な市町村もありますので各市町村のHPなどでご確認ください。
 

誰が縦覧できるの?

・固定資産税の納税者(その同一世帯の人を含む)
・固定資産税の納税者の代理人(委任状が必要)
・固定資産税の納税管理人

縦覧に必要な書類は?

どの市町村でも運転免許証など本人確認ができる書類が必要です。

その他の必要書類は市町村ごとに異なりますので各市町村のHPなどでご確認ください。