閉じる

成功事例

販売棟数の減少を、社内プロジェクト立ち上げにより大幅改善
K社様(木造住宅建築業)

今回は支援させていただいた木造住宅建築業K社様の事例を紹介させていただきます。

【財務診断及び事業診断】と経営幹部へのヒアリングにより、販売棟数の不振、業界平均に比べ粗利率が低い、経営管理体制が甘いという問題点が抽出されました。

 

経営体質強化のため、社内プロジェクトを立ち上げ、われわれはファシリテーターとして参加、支援を行いました。

「粗利率改善」を共通のテーマとし、それに紐づく4つの支援策を提案しました。

 

支援①実行予算管理の仕組みを構築し、工事進行段階で利益率が把握できる体制を目指す

支援②完成物件を検証できる体制を構築

支援③従業員の意識改革を含めた日々の経費削減策の検討

支援④マーケティング戦略の見直し

ご成約前の課題

年間竣工棟数は過去最低で販売単価も下落。

値引きによる受注で粗利率も業界平均から5%低く低収益体制。

工事担当者が工事利益率を把握できていない。

資金繰りが厳しく、常に短期借入金で資金ショートを回避している。

ご成約後の成果

年間竣工棟数は60%増となり、売上は150百万円増のV字回復。

社長が適正価格の重要性と必要利益額に対する意識の醸成。

設計担当者、施行管理者が利益率を意識するようになり、粗利率5%改善。

短期借入金に頼らない資金繰り体制の構築。

社内プロジェクトを通じて部署間の協力的な姿勢と前向きな意見が出るようになった。

担当者より
ご支援をさせていただく中で、社長様に対して改善していただく項目をお伝えするだけではなかなか実行に移せないことは多くあります。なぜなら従業員の皆様にもそれぞれの思いがあり、抵抗もあるからです。今回のご支援では社長様だけでなく従業員の皆様を巻き込んでの取組だったため、スムーズに実行に移すことができました。

弊社では社員一丸となって改善に取り組む組織づくりをお手伝いいたします。

Webからお問い合わせ

問い合わせフォーム

電話からお問い合わせ

0120-296-371受付時間:平日9:00~18:00