閉じる

成功事例

経理作業を省力化し、社長の経営判断に必要な情報をスピーディに把握可能に!
京都府 株式会社B様(機械販売・設置・メンテナンス業)

株式会社B様では一般の会計ソフトを使って会計入力をされていましたが、インターネットバンキング連動型のクラウド会計ソフトに移行しました。

従来は会計処理のボリュームが多く、毎月の試算表作成にも時間を要していましたが、クラウド会計ソフトに移行してからは試算表の作成スピードも速くなりましたので、自社の業績をタイムリーに把握されていらっしゃいます。

試算表の作成がスピーディーになったことで金融機関への業績報告もスムーズに行うことができ、金融機関の印象も良くなってきています。経営判断のスピードも上昇して文字通り過去会計から未来会計へとシフトされています。

ご成約前の課題

会計処理のボリュームが多く、試算表の作成に多くの時間を要する

自社の業績がどうなっているのか把握するのに日数を要する。

業績把握に時間がかかるので経営判断が後手後手になる

金融機関への業績報告が遅くなりがち

会計ソフトのバックアップデータのやりとりが難しい(事務担当者の教育が必要)

ご成約後の成果

会計処理のボリュームが減り、試算表の作成がスピーディーになった

自社の業績をタイムリーに把握できるようになった

タイムリーに業績把握ができるので先手を打った経営判断ができる

金融機関への業績報告が早くできるようになった

会計ソフトのデータのやりとりが不要になった。

株式会社B様

株式会社B H様

お客様より、ひとこと
通帳からの仕訳入力が不要になったこと、クラウド上にデータがある状態なのでひかりさんとのデータのやりとりの作業が減ったことで、自社の業績把握や金融機関への業績報告のスピードが大きく変わりました。また、通帳からの仕訳については定型登録されているので次月からは正しい仕訳が初期表示されますし、人為的なミスも減りますのでたいへん重宝しています。

039.jpg

スタッフ

萩原裕也

担当者より
今まではお客様と会計処理の話をする時間の割合が高く、まずは通帳の残高を合わせていただくことに時間がかかっていたような状況です。クラウド会計に移行してからは、通帳の残高は合っている状態からスタートできますので、経理事務担当の方のご負担が減り、同じ取引先への支払や入金については一度登録すれば次月からは正しい仕訳になっているので間違いも大幅に減りました。また、タイムリーに業績を把握することが可能になりましたので、お客様自身が自社の業績を把握したうえで将来のことを私たちと一緒に考える時間が大幅に増え、お客様にとてもご満足いただいています。やはり、自社経理を実践してタイムリーに業績把握をするという本来あるべき姿を実現するうえで、ネットバンキング連動型のクラウド会計ソフトは強い味方になってくれるのではないでしょうか。

この事例でご提供したサービス

Webからお問い合わせ

問い合わせフォーム

電話からお問い合わせ

0120-296-371

受付時間:平日9:00~18:00